節約術 PR

格安で快適なガスなし生活をする方法を考えてみた

都市ガスはまだしもプロパンガスは何も考えずに使っていると、特に冬場はビックリするような金額になることがありますよね(もちろんガス会社にもよると思いますが)

私も以前プロパンガスの家に住んだことがありますが、節約とか考えずに毎日湯船に浸かって6,000円〜1万円以上した記憶があります(今はもっと高いかも)

まぁそもそも基本料金自体が高いですからね…。

 

プロパンガス会社の乗り換えをするという方法もありますが、賃貸だと物件の所有者である大家さんの許可が必要なはずなので賃貸だと現実的ではありません。

大家さんのデメリットはあってもメリットはないですからね。

 

とはいっても都市ガスは都市の方にしか基本ないしプロパンガスの物件の方が家賃が格安な場合がほとんどなので、いっそプロパンガスを契約しない方向で考えてみようと思います。

とはいえ水シャワーとかは真夏でも個人的には無理だったので(体に悪い無理はしたくない)なるべく快適にプロパンガス代を0円にする方法を考えてみました。

 

格安で快適なガスなし生活をする方法を考えてみた

①お風呂は沸かし太郎を使う

銭湯やジムという方法もありますが、冬はやはり家で湯船に浸かりたいものだと思います。

湯沸かし太郎ならプロパンガスを契約しなくても、湯沸かし太郎を浴槽に入れて2時間〜8時間ほどでお風呂を沸かすことができるようです。

 

当然電気代はかかりますが、プロパンガス代やオール電化の給湯器に比べれば消費電力も915Wと非常に可愛いもの。

 

類似商品で2〜3,000円程度で買える投げ込みヒーターという物もありますが、中国の商品で消費電力が大きく(1500W)火花が出たという口コミも割と見ました。

割高ですが安全性を考えると日本製の沸かし太郎にしておいた方が無難だと思います。

感電はもちろんのこと、湯沸かし中に火事にでもなったらシャレになりませんし^^;

 

口コミも良いし仮に不要になってもフリマで売ればリセールバリューも良いので、一人暮らし再開したら買ってみようと思います♪

単身ではない方は、追い焚きと保温もできるこちらの方がいいと思います。

安心の日本製です^^

②バケツで湯浴み

大きなバケツに水と熱湯を入れて湯浴みする方法です。

シンプルな方法なので、シャワーの前にまずはこっちを試してみようと思います。

バケツは念の為15Lは入るものを買おうかなと。

男性なら短髪の方が多いと思うのでもっと小さくてもいいと思います。

 

③シャワーは簡易シャワーを利用する

お風呂で簡易シャワーに水を入れてから(40℃以上のお湯は入れたらダメみたいです)ちょうど良い湯加減になるまで沸かしたお湯を入れて使用します。

実際にガスなし生活をされてる方がこの商品をおすすめされていたのでリンク載せておきますね。

 

④カセットコンロかIHコンロを使う

私は火力には特にこだわりはないので、火が出ないIHコンロを買おうと思います^^

もしもの災害を考慮するとカセットコンロの方がいいんでしょうけどね。

 

⑤冬の洗い物はゴム手袋を使用する

これはオール電化の家にいる時からやってましたが、ゴム手袋で洗い物をすれば水の冷たさを感じなくなるのでお湯を出す必要がなくなります^^

 

⑥そもそもお風呂に毎日入らない

夏は最低でも毎日シャワーくらいは浴びたほうがいいですが、冬は大して汗をかかないので何かなければ1日おきでも全然問題ないと思います(引きこもりならなおさら笑)

特に髪の毛は毎日洗わずに1日置きくらいの方が乾燥が防げてむしろ髪にも肌にも良いらしいです。

お金はもちろん時間も節約できて一石二鳥です^^v

 

まとめ

まだ実践はしてないものの、ガスなし生活を実践されている方の話を聞いてみた感じ普通にいけそうな気はしています。

また再手術みたいなことにならなければ(今は経過観察中)来年あたり九州の田舎で一人暮らしを再スタートするつもりなので、ガスなし生活を実践してみるつもりです。

九州や関西は他のところに比べて電気代が安いので相性良いと思います。

 

うまくいかなかった場合も記事にするので、リタイアしたら笑ってください笑